モラハラ離婚と場面緘黙症の部屋へようこそ!

モラハラ離婚後もモラ夫からのモラハラ攻撃が!~モラハラ離婚体験談(離婚後)

2020/08/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

離婚して幸せいっぱいなのに、

モラ夫から連絡がくると、

動悸が激しくなる しんママ☆りんご(@sin_mama_rinko)です

 

 

【気になったらポチっとしてね♪】

しんママ☆りんごの子育てブログ - にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

 

 

せっかくモラハラ解放されたのに、子どものことで連絡があるんです。

 

たまに。。。

 

どういう時かというと。。。

 

  • 面会交流の時
  • 子どもがお買い物に行きたいとラインした時
  • 誕生日やクリスマスのプレゼントを決める時
  • 子どもに手渡しするものがある時

 

こういう時に私に連絡があります。

 

嫌です(;´Д`)

マジで連絡してきてほしくないんです(>_<)

 

 

連絡は電話かラインなのですが、ここでもモラハラされるんです

 

離婚しているのに。。。

 

幸せな気持ちになってるのに。。。

 

【モラ夫は離婚してもモラ夫】

 

 

で、今回はどんな要件だったかというと。。。

我が家は3人子どもがいます。

【プロフィール見てね】

下の子どものお誕生日のプレゼントの相談

 

で、ラインを送ってきました。

 

そのラインの内容は

モラ夫がとても不機嫌なものでした。

 

スポンサーリンク

子どもの誕生日プレゼントは高額?!

 

誕生日プレゼントを買ってあげるといったけど、高額過ぎる!
常識の範囲内で考えろ!
子どもにもそう指導しろ!

。。。と。

 

下の子は、モラ夫から何が欲しいか聞かれ、言っただけなのに。

実は、他に欲しいものがすぐに浮かばなかったんです。

何度も何度も訪ねてくるので、絞り出して、

任天堂switchにしたんです。

 

実は去年の誕生日に

任天堂3DSが欲しい

と(本当にこれ欲しかったんです!)言ったのですが、却下され、

しゃべるロボットを無理やり買わされたのです。

 

本当に欲しくなかったので、

すぐ使わなくなり、

購入した箱の中へ。。。

 

それは、下の子が欲しかったものではなく、

モラ夫が買いたかったものでした。

 

だから、今年は無駄にならないように、本当に欲しいものを。。。

ということでswitch

 

高額なのはわかってます。

だけど、無駄な高額ロボットを買うよりも、

有益なswitchを。。。と。

 

無理ならいいんです。

だって、本当に絞り出したものだったから。

 

 

それなのに、モラ夫はこう続けました。

いつも洋服を買ってやってるだろう!

。。。と。

 

 

この洋服とはどういうことかというと。。。

面会交流が月に何度かあるんですが、

モラ夫はそこでいつもショッピングモールか実家に子どもを連れて行きます。

 

子どもはショッピングモールに連れて行かれて、

何が欲しいか?と聞かれるので、洋服を買います。

この、洋服のことなのです。

 

私、以前からこれを問題視していました。

毎月数回ショッピングモールに行っての買い物。

 

欲しいものを買い与えているので、

いざイベントの時に欲しいものがなくなっているのです。

 

いつでも好きなものが買ってもらえる状態にあるので、

お誕生日やクリスマスに欲しいものがすぐに思いつかない。。。

 

子どもは今こんな状態になっています。

 

 

だから、

数回に1回は、

欲しいものがないんならショッピングモールに行ってはダメ。

と、私が子どもに言い聞かせ面会交流に行かせます。

 

贅沢が当たり前の人間になってほしくないのです。

 

それでも、買ってやりたいモラ夫は

100円ショップにでも行って何かを買い与えているのです。

 

スポンサーリンク

育った環境の違いでの離婚

 

これは私とモラ夫が

育ってきた環境がお互い違い過ぎたからおこったことなのでしょう。

 

モラ夫は幼少期に

休日にアウトドア系をしたことがなく、親と百貨店に行く休日を送っていたようです。

 

私はというと、

山や川や海へ母親の作ったお弁当を持って家族で出かけていました。

 

なので、休日の過ごし方が違い過ぎたんです。

 

婚姻中も

休日は私が自然に出かけたいと言っても、

モラ夫に百貨店やショッピングモールに連れて行かれ、

別に欲しいものがあるわけでもないのに、

ブラブラして、ただ疲れて帰宅していました。

 

こういう育った環境の違うことを少しずつ我慢していたから、離婚になったのです。

 

プレゼントの条件を設定する

 

下の子は、急にswitchを買えないと言われたので、落ち込んで。。。

 

そりゃそうですよね、

何か考えろと何度も言われて急かされ、やっと絞りだしたswitchだったので。

 

それでもプレゼントしてもらえると思って 楽しみにしていたんです。

 

 

 

こん回のモラハラ、

どこに問題があったかというと、

はじめから条件をだしていなかったからなんです。

 

どういう条件かというと。。。

 

  • 金額は10000円まで
  • 個数は1個
  • 本当に欲しいもの

 

例えば、こういう条件を付けて、

子どもに何が欲しいか考えておいてね。。。

と言えば、誰も嫌な思いをすることはなかったんです。

 

それを何でもいいから、何が欲しい?

。。。と何度も急かされ、

最終的には私に

お前が指導しろ!

って、丸投げされても( ̄▽ ̄;)

 

。。。って、ほんと離婚して良かったと思いました。

 

スポンサーリンク

モラ夫の想い

 

上の子はモラ夫とは外出しません。

面会交流はしていません。

 

それは、ストレスが溜まるからです。

 

以前、

本当にしんどいときに、嫌な言葉を浴びせられたこともあるからです。

【上の子が学校に行けなくなったとき】

 

モラ夫は上の子と面会交流していないし、買い物にも出かけてないので、

誕生日プレゼントを他の子よりも金額を上乗せしたい!と言ってきたのです。

 

上の子は、自分の意志で面会しないと決めているので、

そんな特別扱いをしては、

毎月交流している下の2人の子どもがこれから面会しなくなるのでは。。。

と思い

みんな平等にしないと、誰も一緒に買い物にいかなくなるよ

と言いました。

 

するとモラ夫は激怒して

みんな平等だとswitchの値段と平等だということになるだろうが!常識の範囲で考えろ!

と。

 

私は常識の範囲で平等に。。。と言ったつもりが、

モラ夫の変換ソフトはいつもケンカ腰に変換され( ̄▽ ̄;)

 

もうラインで会話するのも疲れてきたので

「相談します」と言って話を打ち切りました。

 

案の定、下の子は、

いつもの洋服代が誕生日プレゼント代から引かれるなら、これからは買い物にいかない!

って。そりゃ、そうですよね。。。

 

以前、私が義両親とこじれていて、モラ夫に助けを求めたときに、

大人なんだから自分で考えろ!

と言われました。

 

それなら、

今回も私に指導させるのではなく、

自分で子どもたちに言って聞かせればいいと思うんです。

 

それなのに、

自分だけ「プレゼント買ってあげる、何が欲しい?」なんて、いい格好して(。-`ω-)

 

自分で子どもの心を動かせてみろ!って感じです。

 

今年のプレゼントは

 

今年のモラ夫のプレゼントは

1万円お小遣い

となりそうです。

 

下の子は楽しみにしていたのにな。。。

お金よりも何か小さなものでもプレゼントが欲しいな。。。と。

 

まだ小学校低学年ですからね。

おもちゃとかゲームとか物が欲しいですよね。

 

もらえるだけ、ありがたいんだよ。。。(*´▽`*)

と子どもには伝え、

もう二度とかかわりたくないな。。。

とますます思う私でした(;´Д`)

モラハラ離婚後もモラハラ攻撃

 

離婚したからと言って油断してはいけません。

 

子どもがいると

(昔の算定表どおりだけど)養育費も支給されてるし

モラ夫と縁が切れません

 

子どもに渡したいものがある

とメールして家に来ようとしますが、

家に私一人の時は絶対に来させません。

 

必ずモラハラされると思うので。

 

子どもが家にいるとき限定で子どもに会いに来てもらいます。

 

話もしたくないし顔も見たくない

やっと幸せになれたんだから。。。

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2020 All Rights Reserved.