場面緘黙症をもっと知ってほしい

週末婚のほうが楽だった同居へ~離婚体験記 3

2020/02/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

こんにちは! しんママ☆りんごです

 

前回に続いて、もう少し離婚のお話を。。。

 

(旦那側から見れば違うお話になるんでしょうけどね( ̄▽ ̄;)まぁ気にせず聞いてください。)

 

 

スポンサーリンク

旦那と同居~2度目の転勤

 

一人目の子どもが生まれてから、とても忙しい一日を送るようになりました。

 

 

赤ちゃんの泣き声で動いている生活。疲れるけど楽しい生活

 

 

それが、夜元旦那が帰ってくると楽しくはなくなります。

 

 

今度は元旦那の声で動かされる生活に。

 

 

自分ですれば!!!

 

 

なんて、言おうものなら、また壁に穴が開きそうで。。。
勝手に体が動きます。

 

 

夜泣きがひどく、人見知りがだんだん強くなる子どもに毎日振り回されて、

元旦那のお世話が手薄になってくると、元旦那はとても期限が悪く。。。

転勤族なので頼る人もおらず、一人で頑張るしかありませんでした。

 

 

住んでいる場所は転勤族が集まるような地域で、

同じくらいの子どもを持つママさんは全国各地の出身の方が多かったです。

 

なので、そういうママさんとお友達になり、色々相談していました。

 

激しく動く子おとなしすぎる子暴力をふるう子、そしてうちのように人見知りが激しい子。。。

みんないろんな悩みを持っていました。

 

時にはおうちに遊びに行ったり、お茶をしたり、ランチを食べに行ったり、

とってもいい関係が続いていたのですが、お互いに転勤族ということもあり、一人、二人、そして私も。。。

と引っ越しをしてみんなバラバラになってしまいました。

(でも、この時仲良くなったママさんとは10年以上経ちますが未だに連絡をとっています。)

 

 

引っ越しの数カ月前に、二人目の子どもが生まれていました。

 

引っ越しの度に、頼る友達がいなくなる。。。とってもさみしかったです。

この引っ越しの時も、物件を一緒に見に行ったことはなく、

 

 

俺の選ぶ家に間違いはない!

 

 

と言って、私の意見など何も取り入ってはもらえませんでした。

そして、引っ越し先でまた新しく知り合いを作らなくてはならなく。。。

 

スポンサーリンク

同居婚3度目の転勤

 

この引っ越し先で、一人目の子どもが場面緘黙症だと判明しました(場面緘黙症のお話はこちらから)。

 

 

この時も頼る人はおらず、元旦那は他人事のように、毎晩遅くまで飲み歩いていました

 

 

相談しても、相談にならないんです。

というのも、持論が強すぎて、すぐに悪者を作ってしまい、その人を攻撃しようとするのです。

 

 

こちらとしては、幼稚園の先生やママさんたちにお願い協力してもらわなければならない立場だから、

穏やかに過ごしたいのに、すぐに園やママさんに喧嘩を吹っかけるんです。

自分は、いいですよ。。。朝起きたら、仕事に行って、深夜帰宅。

地域の誰とも会うことがないんですから。。。

 

 

私はそのコミュニティで生活していかなくてはならない。

上手くやっていかなくてはならない、そういうことを全く理解してくれないのです。

 

 

不満があるなら、相手に直接思うことを言えばいい!

それで疎遠になるなら、それまでだ。。。と。

 

 

子どものお友達関係を考えるママとしては疎遠になってはいけないのです。

過激な発言ばかりするので、私はだんだん相談もしなくなりました。

元旦那とだんだん疎遠になっていったのです。

 

 

続きはこちらからどうぞ。。。

前回のお話はこちらから

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.