モラハラ離婚と場面緘黙症の部屋へようこそ!

読み聞かせのおすすめ絵本♪~あなたはスイミーになれますか?

2020/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

こんにちは! しんママ☆りんごです

 

国語の教科書に不朽の名作!

 

一番下の子が、

宿題で国語の教科書の音読をしていました。

 

 

なつっ( *´艸`)!!!懐かしい♡

 

 

読んだ読んだ、この絵本。

 

忙しく動いていた私の手が止まるほど、

子どもの音読は上手で(親バカでごめん。。。(;^ω^))映像が頭の中に浮かんできました。

 

 

ちなみに、アイキャッチ画像の絵も子どもが書いたものです。

上手でしょ(≧▽≦)(これも親バカ!)

 

 

みなさんもおなじみのあの絵本です。

 

小学校の国語の教科書には絵本のお話がたくさん出てきます。

どれも、名作なんですよね~( *´艸`)

 

 

40代半ばの私が小学生のころから掲載されているものもあります。

 

その中から、今日はこちらを紹介したいと思います(もうわかったよね(*‘∀‘))

 

スポンサーリンク

幼児~低学年向け(自分で読むのは全世代!)

 

「スイミー」 レオ・レオニ☆作  谷川俊太郎☆訳 (好学社)


スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

 

 

兄弟は赤い魚、

スイミーは真っ黒い魚。

 

突然、大きなマグロがやってきて、兄弟を食べてしまいました。

 

スイミーは逃げました。

 

逃げた海の中には、

クラゲ・いせえび・イソギンチャクなど綺麗な生き物がいます。

 

その中に見つけた兄弟と同じ色、同じ形のの魚たち。

 

「大きな魚に食べられるから。。。」

と赤い魚たちはスイミーと一緒に遊ぼうとしません。

 

そこで、スイミーは、考えました。

 

いろいろ考えました。

 

みんなで大きな魚のふりをして泳ごうと。

 

 

「ぼくが、目になろう」と。

 

 

赤い魚たちはスイミーと協力して、みんなで力を合わせて大きな魚を追い出しました。

 

 

スポンサーリンク

読み終えて。。。

 

いつも我慢ばかりして、逃げていてはいけない。

 

みんなで強い気持ちをもって、戦うんだ!!!と言う意味の

 

「ぼくが、目になろう」。

 

その気持ちに赤い魚たちみんなが動かされます。

 

道徳でも使えそうな内容です。

 

 

内容の面白さだけでなく、絵がきれいなこと!!!

 

虹色のゼリーのような。。。

 

ドロップみたいな岩から。。。

 

この美しい表現にピッタリの絵です。

 

スイミーになれない子ども

 

私の真ん中の子どもは、悪いことだとわかっていても注意することができない子です。

 

友達は正義感が強く、悪い子に「だめだよ!!!」と強く言えます。。。

 

 

 

が、すぐに大勢から逆切れされ嫌みを言われ、傷つき次の日学校を休んでしまいます。

 

最近は学校を休む日も増えてきました。

 

 

大勢から嫌みを言われているとき、真ん中の子どもは、友達を助けてあげることができません。

 

ただ、見ているだけ。。。

 

友達が傷つくと、慰めてあげることしかできていません。

 

 

「もっと、助けてあげればいいのに。。。」と言うと、

 

「無理。。。」と言い泣き出しました。

 

助けてあげたいけど、自分のほうに攻撃が向かうのが怖いらしいのです。

 

わかります。

 

みんなそんなに強くない。

 

 

スイミーのように強ければ、友達をその場で助けてあげることができるのに。。。

 

 

そう思っていると、一緒にその友達と遊んだ帰り道、

 

「明日の休憩時間 一緒に遊びたいから 学校来てね!」

 

と真ん中の子どもが言ったようです。

 

次の日、友達は遅刻はしたけれど、一時間目が始まる前に学校に来ました。

 

子どもは帰宅して

 

「今日いいことがあったんよ~友達が学校にきたよ~♡

 

と、とってもうれしそうでした。

 

 

 

後日、友達のお母さんにあった時 話を聞くと、

 

「りんごさんの子どもと遊びたいから、落ち込んでても頑張って学校行けてるよ。支えてくれてありがとう」

 

と言われました。

 

 

友達を助けられない子だと思っていたのですが、直接ではなくても助けていたようです。

 

スイミーにはなれませんが、赤い魚たちの一人として、十分に役目をはたしている気がしました。

 

 

 

教科書で勉強のために読んでいた「スイミー」

もう一度、手に取って読み直してみてはいかがでしょうか?

いろんな発見がありますよ(≧▽≦)

 

 

 

次は、読書感想文におすすめの本です☆

前回のおすすめ絵本はこちらから

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.