場面緘黙症をもっと知ってほしい

読み聞かせのおすすめ絵本♪はだしが好きな子どもに読んであげたい!

2020/03/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

こんにちは~ しんママ☆りんごです

 

 

寝る前の読み聞かせやっています☆

 

 

我が家は3人子どもがいて、

上の子が赤ちゃんの時から、家で読み聞かせをやっています。

 

その中でも、

夜、寝る前の読み聞かせは、今でも続けています。

聞き手は、一番下の子どもに変わりましたが。。。

 

どんなに私が忙しくしていても、

疲れた姿を見ていても、

ご機嫌斜めでも下の子は空気を読まず、

 

絵本読んで~~(≧▽≦)

 

とせがんできます。

 

 

え?(;´Д`)

今日も読むの?

 

ママ、こんなに疲れているよ!!!

 

と思いながらも、

不機嫌な顔で読み聞かせをはじめてやります。

 

読み進めているうちに、

なんだか不機嫌さもなくなり、

楽しく絵本を読んでいる私がいます。

 

そうです、

自分の読み聞かせに癒されているのです( ̄▽ ̄;)スゲー

 

今夜もそれがありました。

 

で、どんな本で癒されたのかって。。。紹介します(・∀・)/ ハーイ

 

スポンサーリンク

幼児から小学生向け

 

「王さまとよごれた足」 サリー・ボム・クレイトン/文  青山 南/訳 (光村教育図書)


王さまとよごれた足

 

王さまは、体を洗うのが嫌いでした。

 

あるときから、全く体を洗わなくなり、とっても臭くなってきました。

 

みんな近づこうとしなくなりましたが、

めしつかいのガブーだけは我慢していました。

 

王さまはそろそろあらうか。。。と体を洗いに川に出かけました。

 

ごしごしきれいに洗って川から出てみると。。。

 

足がよごれています。

 

何度も川にはいり洗い直したのですが、

やっぱり足がよごれています。

 

王さまは、ガブーをよびつけ、

足がよごれないように国じゅうをきれいにしろ!

と命令しました。

 

できなければガブーの首が切られます。

 

猶予は3日。

 

ガブーは2日間いろいろ試しましたがうまくいきません。

 

最後の日に、国じゅうに布をかぶせ足をよごれなくしました。

 

王さまは大喜び!

 

しかし、老人王さまのところにたずねてきました。

 

国じゅうに布をかぶせたら動植物が育ちません。

布をかぶせなくても足がよごれないいい方法があります。。。

 

と布を王さまの足に巻き付け、

くつを作りました。

 

それから、この国では靴をみんな履くようになりました。

 

 

 

このお話は、

インドの民話「王さまと靴職人」という本をもとにかかれています。

 

スポンサーリンク

読み終えて。。。

 

読み終わると、子どもが

 

「バカな王さま。。。」

「水にぬれた足を土につけるとよごれるにきまってるじゃん」

「ガブーすごいなぁ。。。」

 

どんどんいろんな思いが出るようで。。。

 

「これ、世界で初めて靴を履いた人?」→約5500年前の革靴がアルメニアの洞くつで発見!

「インドに今も王さまっているの?」→今も王族が住んでいます!

 

とか疑問もたくさん出てきました(∩´∀`)∩

 

すぐにググって、疑問は解決!

王さまガブーも今の時代なら、

 

「川で足を洗う よごれない方法」

 

で、ググれたのにね( *´艸`)

 

みなさんも読んで癒されてくださいね☆

 

 

次のおすすめ絵本はこちらから

前回のおすすめ絵本はこちらから

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.