場面緘黙症をもっと知ってほしい

おとうさんを尊敬させたいならこの絵本を一緒に読もう!読み聞かせのおすすめ絵本♪

2020/03/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

こんにちは! しんママ☆りんごです

 

なんでしょうか。。。

パソコンを開き、

記事を書く作業をしようとすると

昼間でも夜でもいつでも睡魔がおそってきて。。。( ゚Д゚)ネムヒー

 

 

頭が前に後ろに左右にぐるぐると回っています。

今も格闘中です。

 

 

前は、こんなことなかったのに。。。

条件反射のように眠気が。。。(ノД`)・゜・。

 

 

40代、疲れがとれません( ノД`)

シングルマザーで、

結婚していた時よりも時間に余裕がなく、

疲れがとれません( ノД`)

 

 

その疲れを癒してくれる今日の1冊を紹介します

でも、読み始めたら、また寝ちゃうかも( ̄▽ ̄;)

 

スポンサーリンク

保育園小さい組向け

 

「ひよこ」 チュコフスキー・作  宮川やすえ・訳  岩本康之亮・絵


ひよこ (チャイルドブックアップル傑作選vol.3)

 

ひよこは、お母さん(めんどり)にとっても可愛がられていました。

そして、大きくなりたいと思っていました。

 

 

ある日、ひよこはねこに襲われそうになりました。

 

そこへお父さん(おんどり)がやってきて、大きな鳴き声でひよこを助けてくれました。

 

お父さんってすごいんだなぁ~と尊敬し、

お父さんを真似てみましたがうまくいきません。

 

うまくいかず悲しんでいるところに

お母さんがやってきて優しくひよこを撫でてくれました。

 

 

スポンサーリンク

読み終えて。。。

 

お父さん、お母さんに愛されているひよこ。

そして、お父さんを尊敬しているひよこ

親子の愛情があふれている絵本です。

半分めくると絵が変わるので、

小さな子どもたちは興味津々です。

 

 

我が家は、

母子家庭でお父さんに愛されずに子どもは育ってきました。

愛されてないので、

子どもは尊敬をしていませんでした。

 

この本を読んで、

親の愛情は子どもから返ってくるものだと思いました。

人それぞれ、愛情表現は違います。

でも相手に伝わらなければ意味がない。。。

短い文章ですが、とっても深い絵本です。

愛情いっぱい、子育てしていきましょう(*‘∀‘)

 

 

次のおすすめ絵本はこちらから

前回のおすすめ絵本はこちらから

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.