場面緘黙症をもっと知ってほしい

義母は嫁が嫌い~離婚体験記 7

2020/02/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

元義母がウソをつくお話を前回しました。

 

 

このウソにふりまわされていたのはもちろんですが、周りに誰もいないところで、私に嫌がらせをしていました。

そんなことは、家族は誰も知らなかったでしょう。

 

 

「うちの母親はそんなこと全く思っていないから」

「うちの母親がそんなこと言うわけがない」。。。

 

 

そりゃ~親子ですもの、嫁に対する態度とは違うでしょう。

でも、誰もそんなことは理解してくれず、いつも一人で闘っていました。

スポンサーリンク

義母は嫁が嫌いなので赤ちゃんはまだ?攻撃

 

結婚して 2,3ヶ月のころだったでしょうか。

 

私一人で、元旦那の実家に寄ることがありました。

本当は寄る予定もなかったのですが、どうしても来てほしいと言われたので、仕方なく立ち寄りました。

実は、私は結婚前に卵管嚢腫になり、切除したので卵管が1本ありません。

切除したときに医師から「もう1本あるから、赤ちゃんはできますよ」と言われていました。

お見合い結婚でしたので、それもちゃんと伝え、結婚にいたりました。が、元義母は、そのことがとても気になっていたのでしょうね。

 

 

「まだ、妊娠してないの?」

「赤ちゃんはいつできるの?」

健康な女だったら、赤ちゃんできて当たり前でしょう?なんで、出来ないの?」

 

 

と赤ちゃん、赤ちゃんとうるさいくらい言ってきました。

妊娠していない理由は、新婚旅行が終わるまでは避妊しましょう。。。と夫婦で決めていたからです。

それをいちいち元義母に説明するのも面倒なのでしていなかったのですが、こうも私が不健康のように言われると私も腹がたち、

 

 

「お酒を飲みすぎたり、たばこを吸い過ぎる人は子どもができにくいらしいですよ(当てつけで言っただけで根拠はありません)」

 

 

と元旦那のせいにしてみると

 

 

「そうやって、息子のせいにしておけばいいわ。あははははははは。。。」と。

 

 

この発言で、私はこれから一人で元旦那の実家には行くことをやめると元旦那に言いきりました。

すると、元旦那の姉に相談したようで、私のところに電話があり、

 

 

「ごめんなさいね、母が変なことを言って。女性として最低よね。今ね、あなたのことを色々聞いたけど、母、ちょっとおかしくなってるのよ。先日の『健康な~』も、あなたがノイローゼになってるとか言ってるのよ。ごめんね~こんな母で、でも、今ホントにおかしくなってるから、優しくしてあげてね」

 

 

。。。なんの話ですか?優しくしてくれ?はぁ(´Д`)???元旦那のフォローは全くなく、義姉からの母親フォロー。。。

なんだかさみしい気持ちでいっぱいになりました。

 

スポンサーリンク

義母は嫁が嫌いなので血のつながりを重視

 

それから、一人で元旦那の実家に行かないと決め、夫婦で行くか、子どもが生まれてからは「夫婦+子ども」で実家にお邪魔するようにしていました。

それでも元義母と二人っきりになることはありました。

 

その日は、宿泊をするつもりで、元旦那の実家に来ていました。

洗濯機をつかおうと、お風呂場に行き、洗濯の準備をしていると元義母がやってきました。

 

 

「娘の旦那が泊まりに来たって何をするわけでもないし、役にたたないし、気もつかうし。ほんと、血のつながった者だけが、来てくれるのが一番いいわ~ 血のつながった者だけね~」

 

 

。。。血のつながってない私に向かって、いったい何を言ってるんだろうと、こんなことよく言えるな~となんだか怖くなりました。

 

 

 

 

 

前回の記事で書きましたが、電話をしてきなさい!と何度も言われましたので、私は自分の手の空いた時間に電話を何度かしたことがありました。

その頃は子どもが生まれて間もなかったので、子どもの昼寝の時間に電話をかけていました。

すると、何度目かに

 

 

「あなたと電話がしたいわけじゃないの。子どもの声が聞きたいのよ。」

 

 

失礼じゃないですか?電話してきなさいって言ったから、かけて、しかも何度も同じ話をしてくるけど、毎回初めてのように聞いてあげてたのに、なんだよ!この人!!!( ゚Д゚)

これから、私から電話をすることはなくなりました。

事情を元旦那に伝えると「ぼくがする」と帰宅後の子どもがおきている時間に自分の母親に電話するようになりました。

要するに、私と話がしたいのではなく、血のつながった息子や子どもと話がしたかったようです。

 

義母は嫁が嫌いなので本音を直接もらす

 

転勤から元旦那の地元に引っ越してきて、私も嫁として休日は元旦那の実家に行かなくては。。。と思い、(もちろん家族で)頻繁に週末通ったり、宿泊したりしていました。

そうすると、元義母は、

 

「毎週来られると困るのよね~趣味の事やりたいし。来ないでくれる?」

 

と言いました。私がやったことは無駄だったんだなと思い、あちらから呼ばれた時だけ行くようにしようと決めました。

そうしていると、「お昼ご飯か晩御飯一緒に食べましょう」と誘われることがあり、呼ばれたので行くことにしました。

しかし、それはただの食事ではなかったのです。

食事のあと、私に対して元義両親が不平不満を言ってきたのです。

 

 

「どうして、休みの日に顔をださないのか?」

「年寄りが心配ではないのか?」

「専業主婦だから暇なら、畑でも手伝え!」

 

 

。。。こういうことを度々やってくるようになりました。

私に話があるのなら「話があるので、来てちょうだい」と言えば済む話なのに、わざわざ食事に誘って最後は不平不満とお説教と嫌み攻撃。。。

何が腹がたつって、こうなることを元旦那はもちろん知っていたこと。騙し討ちを毎回やられていました。

もちろん、私はこの家にもう来たくなくなっていました。

 

専業主婦は暇だと思っているんです。子育てがどんなに忙しいか全く理解されていない。畑仕事ができるほど時間がたっぷりあると思ってる。

何度どう説明しても理解してもらえませんでした。

元旦那も何も言わず、両親の言葉にうなずくだけで、私へのフォローは全くありませんでした。

 

 

 

私はこれからずっと一人で闘わなければならないんだろうな。。。そう度々思うようになりました。

 

 

 

離婚体験記まだまだつづきます。こちらから

前回の記事はこちらから

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.