モラハラ離婚と場面緘黙症の部屋へようこそ!

読み聞かせのおすすめ絵本♪~低学年の読書感想文に!給食が苦手な子、必読!「おかわりへの道」

2020/04/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

はいっ! しんママ☆りんごです

 

 

 

前回、読書感想文におすすめの本を紹介しました。

 

 

 

 

今回も紹介したいと思います。(前回、みなさんよく訪問してくださったんで調子に乗ってます( *´艸`))

 

この本でも読書感想文を書きました。

 

体験談が書けるので子どもも書きやすかったようです。

 

みなさま、メモのご用意を( ..)φメモメモ

 

スポンサーリンク

小学校低学年向け

 

「おかわりへの道」 山本悦子・作  下平けーすけ・絵 (PHP研究所)

 

 

かすみのクラスのりょうた先生は、あまったご飯をラップでつつみ おむすびをにぎってくれます。

 

好き嫌いが多く食べるのが遅いかすみは、一度も先生のおむすびを食べたことがありません。

 

食べたことのある子は、しおもふりかけもかかっていないのに「サイコー!」と言っています。

 

かすみは、どうしても食べてみたいのです。

 

 

 

食べるために いつもおかわりしているげんちゃんの食べ真似をしてみましたが、失敗。

 

げんちゃんにも その様子を見られてしまいました。

 

かすみは、げんちゃんに協力してくれるようにたのみました。

 

それから、友達のちなちゃんとげんちゃんと3人で作戦会議をしました。

 

 

 

そして、給食の時間、かすみはげんちゃんに言われたように挑戦してみますが、思うように食べられず、おのこしをしてしましました。

 

再度、作戦会議です。

 

おなかがすいてないといっぱい食べられないので、休憩時間は外遊びに出ることになりました。

 

そして、食べられそうな献立の日を決めて、おむすびのおかわりへ挑戦です!

 

 

 

みんながどんどんおかわりしていきます。

 

かすみは焦ります。

 

残り一つのおむすびになったとき、他の子が手をあげてしまいました。。。

 

が、「おちゃわんにごはんがいっぱいついてるよ。」とちなちゃんが言ってくれました。

 

そのときです。

 

かすみが手を挙げ、「おかわりしてもいいですか?」とおむすびを 手にすることができたのです。

 

おむすび「サイコー!」

 

 

スポンサーリンク

読み終えて

 

私の一番下の子が、食べるのが本当に遅いのです。

 

好き嫌いが多くかすみのようです。

 

時間いっぱい、りすのようにほっぺを膨らませながら 給食を食べ続けています。

 

 

 

子どもの通っている学校は、おのこしも減らしもしていいのですが、担任は減らしはダメだと言います。

 

なので、のこしが残飯になります(もったいない(;´д`))。

 

体の大きさが違えば食べる量も違うのに、一人分の量は同じだけ配膳されます。

 

ここは、文句を言いたいところですが、担任の方針なのでぐっと我慢します。。。(余談です)

 

 

 

ちなちゃんとげんちゃんの優しさ、かすみの頑張りが「自分とクラスメイト」に置き換えて感想文が書けるのではないでしょうか?

 

文字も大きく挿絵もたくさんあるので低学年にはとっても読みやすい本になっています。

 

食の細いお子様にこの1冊、いかがでしょうか?

 

 

 

次のおすすめ絵本はこちらから

前回の読書感想文用に紹介した本はこちらから

読書感想文の書き方はこちらから

今までの紹介した絵本をまとめた記事はこちらから

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.