モラハラ離婚と場面緘黙症の部屋へようこそ!

読み聞かせのおすすめ絵本♪~ハロウィンの定番絵本になりました。「えんとつ町のプペル」

2019/11/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わけあって離婚。40代半ばでシングルマザーになりました。 未成年の子供が3人。育ち盛り、食べ盛りで家計は火の車! パートの収入8万円では、全く足らず。。。 何とかなるの?これからどうするの?と思い、 誰かに報告、連絡、相談の【ほうれんそう】をしたくて、ブログをはじめました。 よろしくお願いいたします。

こんにちは! 絵本大好き(≧▽≦) しんママ☆りんごです

 

 

 

読書の秋になりました☆

 

 

 

どんな本選ぼうかな~こんな本読もうかな~って図書館に何度も通います。

 

 

 

子どもたちはけっこう絵本や児童書を読んでいるので、

読み聞かせに行くのに、1冊用意しているだけじゃダメなんです。

 

 

 

 

いざ読もうとしたら、

「その本、知ってる!!!」

「この前、司書の先生が読んでくれた~」

とか、出ばなをくじかれます。。。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

なので、最低2冊は用意していきます。

 

 

 

 

そして、今度の読み聞かせは、わが子のクラス!!!(≧◇≦)

 

 

 

これが、良し悪しで。。。

 

 

 

 

メリットは、

  • 子どもの友達や知っている顔が多いので読みやすい!
  • 担任の先生も顔見知りなので何となくホンワカした空気で居心地よく読めます。

 

 

 

 

デメリットは、

  • 私の子どもの前でさんざん練習していくので読み聞かせに行ったときには、もう飽きた!!!という表情をして、私のテンションが下がりまくります。。。

 

 

 

 

 

内緒で練習すればいいのですが、私は練習するときは観客がほしい(≧◇≦)!!!

だから、子どもたちに座ってもらって本番さながらの練習をしています。

 

 

 

 

実はおととし、

とってもいい絵本を読んだのですが、

そのときにデメリットの状況になってしまって。。。

 

 

 

だって、この絵本とってもいい絵本で、

絵は綺麗だし、

ハートフルだし、

超話題だったし。。。( *´艸`)

 

 

 

で絶対に失敗できない!!!って何度も何度も練習しましたよ!

 

 

 

それなのに、わが子の飽き飽きとした表情( ノД`)シクシク…

今回は、そのときの絵本を紹介しますね☆

 

 

ハロウィン向きです(●^o^●)

 

 

スポンサーリンク

小学生以上向け

 

 

「えんとつ町のプペル」 にしのあきひろ・作   にしのあきひろ(他スタッフ)・絵  (幻冬舎)

 

 

 

 

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

 

 

高い崖に囲まれた、他の世界を知らない町がありました。

 

町はえんとつだらけ。

 

そして、時期はハロウィンまっただなか。

 

配達屋さんが落とした心臓はゴミ山に落ちました。

 

その心臓に、ゴミがあれこれくっついて生まれたゴミ人間。

 

ゴミ人間はえんとつ町でハロウィンの仮装をした子どもたちに会いました。

 

一緒にあちこちまわり楽しみました。

 

時計台の鐘が鳴り帰りじたくを始めたとき、ゴミ人間は仮装ではないことがばれてしまいました。

 

子どもたちは次々に汚い言葉を浴びせました。

 

ゴミ人間のうわさもえんとつ町にアッという間に広がります。

 

みんなこぞって嫌がりましたが、一人の少年はゴミ人間を嫌がりませんでした。

 

少年の名は、ルビッチ。

 

名前のないゴミ人間に「ハロウィン・プペル」と名付けました。

 

あまりにも臭いので家であらってあげました。

 

ルビッチは、プペルをえんとつの上に連れて行き、お父さんの写真がはいった銀のペンダントをどぶ川に落としてしまった、と話しました。

 

お父さんは空には「ホシ」がたくさんあることを教えてくれたことも話しました。

 

しかし、町のひとは誰も信じなくてうそつき呼ばわりされたまま死んでいったのです。

 

その後も二人は毎日会いましたが、洗っても洗ってもプペルの臭いはとれませんでした。

 

ルビッチはプペルと会っていることで学校でいじめられました。

 

それが原因でルビッチはプペルと会わなくなってしまいました。

 

あるとき、プペルがルビッチに会いに来ました。

 

プペルは町のひとからいじめられ変わり果てた姿になっています。

 

プペルも自分の命があと少しだということに気づき、ルビッチを強引に連れ出しました。。。

 

 

スポンサーリンク

読み終えて。。。

 

 

この前半部分で、読み聞かせタイムの10分になりますΣ(゚Д゚)ピッタリ

 

 

 

後半も全部読むと20分です。

 

 

 

 

2ヶ月にわたって同じクラスで読むのならば、来月に続く。。。ヽ(^。^)ノ

でもいいのですが、私は子どものクラスということもあり、絵本を1ヶ月貸し出しました。

 

 

 

月末に自分の子どもが家に持って帰るという期間限定の貸し出しです。

 

 

 

 

子どもに聞くと、休み時間は絵本の取り合いでとっても人気だったようです♪

(その後、担任が学級文庫に買ってくれたそうです(*^^)v)

 

 

 

内容はよくあるお話なのですが、絵の綺麗なこと(∩´∀`)∩☆☆☆!!!

 

 

 

こんなきれいな絵の絵本、見たことなくって、

少しお高いな~とは思ったのですが、買ってしまいました( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

絵本が黒色の紙に白い文字なので、とっても読みづらかったです。

 

 

 

 

何度も練習したのですが、急に字がかすんで(歳ですから(´;ω;`)ウゥゥ)読めなくなったり、

見えづらく、読み間違えたりと少し失敗もありました(;´д`)。。。

 

 

 

 

 

でも、活字離れが進んでいると言われている子どもたちが

取り合いをするほど 喜んで絵本を読んでくれるなんて、

本当にうれしいことです(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

ボランティアやってて、よかった~

 

 

 

「えんとつ町のプペル」無料公開しています。内容を知りたい方はこちらからどうぞ

 

☆プレゼントにいかがですか☆

 

 

 

 

 

 

次回のおすすめ絵本はこちらから

前回のおすすめ絵本はこちらから

読書感想文で人気の記事はこちらから

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しんママ☆りんごの子育てブログ , 2019 All Rights Reserved.